災害の際は、携帯電話に限らず固定電話も含めて連絡がとても困難になります。
これは、どこの大手キャリアを使用していても条件は同じです。
そのため、料金が安い格安スマホでも大丈夫かという不安がある人は多いのではないでしょうか。
しかし、その点はご安心ください。
大手キャリアでも格安スマホでもこの点は全て条件は同じです。

・災害時の通話

zwischenablage52災害時の通話規制の条件は、キャリアでも格安スマホでも同じです。

災害直後は被災地を中心に110番、119番、118番などの緊急速報や安否確認のための通話が殺到します。

これは世間的にも、災害要伝言板が知れ渡っているにも関わらずこの結果になるのです。

そのため、このような電話が電話交換機の能力以上になると、溢れた分は通話が出来なくなる仕組みです。

これが酷くなると「輻輳」となります。

この輻輳は交換機が本来の能力を発揮する事が出来なくなり、更に混雑に拍車をかけますので、被災地での輻輳が他の地域に影響する事を避けなければいけません。

そのため、大手キャリアではわざと繋がらなくする発信規制や接続規制を行うのです。

日本のMVNOは現時点では通話のための設備を持っていないため、通話対応SIMを利用している場合でも、キャリアが実施している規制がそのまま適用されています。


・災害時のデータ通信

zwischenablage53通信が集中した際の混雑具合についてですが、大手キャリアとMVNOは同じなのかという疑問が生まれます。

この回答については、必ずしもそうとは言い切れません。

災害直後、データ通信が殺到した場合、音声通話とは異なり全く通信が行えなくなるような事はありません。

ただし、通信の殺到に伴い通信機器の能力を超える事態が発生すると、通信速度が極端に遅くなりタイムアウトや通信エラーが発生するのです。

これはMVNOの構造的に、キャリア接続部分の通信容量がキャリアよりも潤沢ではないためという理由です。

そのため過度に通信が集中してしまうと、キャリアと比べてデータ通信速度が遅くなる可能性が高いのです。

また、MVNOの接続点は全国1箇所または2箇所に集中させるため、被災地以外の利用者が被災地に影響を及ぼす可能性もあるのです。

具体例でいえば、あるMVNOサービス会社では東京と大阪の2箇所で接続点を集中させているのですが、利用者の所在地によって接続点を使い分けているわけでは無く、ランダムに選択されます。

そのため、被災地域に遠いエリアにも関わらず、影響を与えてしまう可能性があるのです。

MVNOサービス会社では、このような事にならないようにユーザーに対して不要不急の通信はしないように呼びかけるようにしています。

これは大手キャリアでもMVNOでも、ユーザーが自発的に行うマナーなので是非協力をしてください。


・災害時にユーザーが行う事

zwischenablage55データ通信利用者が、実際にどのような事をすれば良いかを説明します。

具体的には、動画の視聴やスピードテストのような通信料を多くしてしまうような使い方を、一時的に避けていただく事です。

最近ではテレビ放送をスマホで視聴できるのですが、これはデータ通信を要する行為なので控えた方が良いでしょう。

この場合、もしも近くにテレビがある場合は、積極的にテレビ視聴としてもらった方が通信料の節約となります。


・災害要伝言板

zwischenablage56災害時、MVNOサービスを利用する際に注意したい事は災害用伝言版です。

大手キャリアは災害が発生した際は、簡易的なメッセージを登録、確認する事が出来る災害伝言版サービスを提供しています。

しかし、MVNOではこのサービスを利用する事が出来ません。

そのためNTT東日本、西日本が提供する同種のサービスを利用する必要があります。

それが「災害伝言版web117」です。

登録の際に自分の電話番号を入力する手間はあるのですが、どなたでも利用が出来るサービスです。

この災害伝言版web117は大手キャリアの災害伝言版とのデータ交換をしているため、登録されたメッセージは相互のサービスから確認出来ます。


・緊急地震速報

zwischenablage57次にsimフリーのスマホを利用している場合、一部のスマホにおいて緊急地震速報に対応していない機種があります。

緊急地震速報は一定エリア内の携帯電話に対して、情報を一斉送信するシステムです。

受け取る側のキャリアが大手、MVNOに関係なく一斉送信されるわけですが、SIMフリーのスマホの一部機種に限り、この通知が画面に表示されないといった現象が発生しています。

また警告音が鳴らないものまであります。

この一部のスマホは、残念ながら確認が出来ない状況です。

そのため、SIMフリーのスマホを利用している人は、このような災害に備え緊急地震速報に対応のアプリをインストールしておく事をオススメします。

ちなみに緊急地震速報に対応のアプリは、代表的なものでYahoo!防災速報ゆれくるコールが有名です。”