80%以上のお母さんが子供に持たせたいと答えた安心の格安スマホ!

clipboard11

トーンモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス、「TONEモバイル」はインターネット使い放題、通話基本料を合わせて月額1,000円という極めてシンプルで分かりやすい料金体系である。同社が特に力をいれているのが子供やお年寄りなど、これまでスマホをあまり持たなかった世代への便利で安全なサービスの提供だ。
ファミリーオプションという位置情報やアプリ制限など他社にはない独自のサービスで、子供に持たせたいスマホナンバーワンの座を守り続けている。
なお記事掲載現在(2016.10.10)キャンペーンにより契約事務手数料0円にて他社スマホ、ガラケーよりのりかえが可能となっている。10月31日までとのこと。

基本容量 なし(インターネット使い放題)
初期費用 端末料金+4,500円(契約事務手数料)
通話料 18円/30秒(090音声オプションサービスを利用した場合)
21円/30秒(050IP電話を利用した場合)
通信速度 500kbps~600kbps
月額料金 1,000

 

基本料金は1,000円だけ!

月額料金の1,000円でインターネット使い放題、音声基本料込というシンプルな料金プラン。
月1,000円だとデータ量は1GBくらいが、いわゆる他社格安SIMの相場であることを考えると利用者としては大変うれしい価格設定である。データ通信速度も500kbps~というまず実用的な数字。短時間に大量通信、あるいは長時間通信をすると制限がかかる可能性があることに注意したい。
音声通話に関してはIP電話をサポートしており、050番号にて21円/30秒で他社携帯電話あてにかけることができる。また、TONEモバイル同士であれば無料で通話できるのはうれしい。そのほかにも通話の多い方向けにオプションサービスで月額953円(税抜)で18円/30秒でかけることができる090番号が付与される。

 

子供に持たせるための充実した安心サービス

位置情報サービス
clipboard14専用のアプリでGPSを搭載したTONEスマホを持った子供、あるいはお年寄りの位置をリアルタイムで確認することができる機能を搭載。地図上に視覚的に表示されるため、一目で子供がどこにいるかを把握することができる。

これは子供にスマホを持たせる親が一番重要視する機能で、アンケートの結果実に80%以上の親御さんがこの機能でTONEモバイルを選択している。
子供が複数いる場合でも親の持つ1台の端末で全員分確認できる点もうれしい。

 

 

 


アプリ制限サービス
clipboard15スマホのゲームで高額課金をしてしまったり出会い系などのトラブルに巻き込まれてしまったりと、親としてはスマホを持たせることに関連する心配がつきまとう。
このアプリ制限サービスでは子供が興味を持ち、インストールしたいアプリは、保護者に「リクエスト」したのち、保護者が子供からの「リクエスト」通知を確認して、許可して初めてインストールしたアプリを使う事ができる。子供が親の知らないうちに危険につながるアプリをインストールしてしまっていたという心配もこれで防ぐことができるだろう。

 

 

 

 

 


利用時間制限サービス

clipboard16
このように時間外はスマホにロックがかかる

「1日6時間まで」「8時から20時まで」「土曜日は制限なし」など、子供のスマホ利用時間を30分単位で細かく設定することが可能となる機能。夜寝なければいけない時間や勉強しなければいけない時間等を細かく設定して子供のスマホの利用時間に「メリハリ」をつけることができる。また、今日は何分使ったか、今月はどうかといったように実際にアプリを使った時間を管理することも可能。

TONEファミリーオプション

上記のように、子供の安全安心に役立つサービスは「TONEファミリーオプション」に加入することで利用することができる。保護者がTONEモバイルを利用していれば月額利用料は無料で使える。(他社スマホ利用の場合は月額200円)

 

親子2人でTONEモバイルを利用するモデルケース

clipboard19

基本プランが1,000円×2人で2,000円。親子で通話する場合はTONEモバイル同士なので無料。
親が使う通話料が月に700円。ファミリーオプションも親がTONE利用ということで無料。
高速チケットオプションは1Gまでデータ通信を高速に行うことができる機能。親子で動画を見るために利用。
これで計約3,000円で一般的な親子2人でスマホを利用することができる。ひとり分で約1,500円で安心サービス付きのスマホが持てるのは子供のいる家庭でも家計に大変ありがたい価格設定ではないだろうか。