期間限定!月額基本料0円から使える完全従量制データSIM登場

 
スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMブランド「スマモバ」は2016年8月より新プラン「スマート250」の提供を開始した。
スマモバでは使う時間帯によって通信速度を高速にできる等ユニークなサービスを展開しており、本サービスも月額基本料金0円~というインパクトのあるものである。
現在の格安SIM事業者は定額制プランを多く据えているが、ユーザーの使い方次第で料金を低く抑えることのできる0円スタートの完全従量制は他にはない魅力といえる。
現在のところ、2016年12月末日までに申し込みをすれば基本料金が2年間月額0円となるキャンペーンを実施中。

基本容量 0MB
初期登録費用 3,000
通信速度 下り最大225Mbps / 上り最大50Mbps(制限時 128kbps)
初月基本費用 0円
データ料金 0円~3,250円(完全従量制)

 

0円運用も可能、基本使用料0円~

この「スマート250」サービスの一番のポイントはキャンペーンを利用した月額0円~という使用料であることは言うまでもない。
キャンペーンの適用されない通常期間は100MB以下のデータ使用の場合でも月額250円が毎月かかってしまう。
ところが現在申し込むと下図の通り、月のデータ使用量が100MB以下の場合は250円が0円となる。
また、ユニバーサルサービス料(3円)もこのキャンペーンによりチャージのない期間(データ通信容量が100MB以下の場合)は請求しないとのことである。
つまり100MB以下の使用量の場合は一切の月額料金がかからない。
登録事務手数料として3000円を初回に払ってしまえば2年間0円運用も可能というわけである。

一般的には、普段は自宅で契約しているブロードバンドにWi-Fi接続して大容量のデータ通信を行い、外出時にLINEやメール、web閲覧等の小容量のデータ通信を「スマート250」SIMにて利用する、というのが賢い利用法と言えるかもしれない。
特に今までスマートフォンのデータ通信だけでキャリアに7,000~8,000円を払っていたようなユーザーにはぜひともおすすめしたい。

clipboard05
注目すべきは、100MB以下であれば0円であるということ

 

オートチャージに対応

100MB以下での運用法は前述のとおりであるが、もちろん100MBを超えても面倒な手続きは一切必要ない。
ユーザーは普段から意識することなく、使用データ量に応じて自動的に使うことのできるデータ量がチャージされる。キャンペーン利用の場合、料金は100MBまで0円、600MBまで550円、1.1GBまで850円、2.1GBまで1,450円、3.1GBまで2,050円4.1GBまで2,650円と段階的に上がる。上限金額も設定(3,250円)されているので安心できる。ただし使用量が5GBを超過してしまうと通信速度が128kbpsに制限されてしまうのでその点だけ注意したい。

普段はあまり大量のデータ通信をせず、たまに大容量を使用するというような、月によって差の大きい使い方をするので月額定額制のプランに抵抗があるといったユーザーにとってもおすすめできる。

サブ端末運用にも最適

公式サイトにも対応端末が記載されているが、iphoneであれば5以降、android機も現在市場に出ているほとんどの端末が対応している。
使わなくなった古い端末に「スマート250」SIMを差して車載用のカーナビ代わりや、子供に持たせるスマホに使ったりと様々な「サブ用途」に最適であるといえる。
上記のカーナビ用途であれば、例えばgoogleマップを利用したものであるならば、1時間当たりのデータ通信量も10MB程度で利用できるので使わなくなったスマホを車に置きっぱなしにしておくといった使い方もできる。
テザリングにも対応しているため、サブ端末に「スマート250」SIMを差し、普段使っているメイン端末からwifi経由でデータ通信をしてトータルのデータ量を節約するといった使い方も可能だ。

SIMの種類も標準、micro、nanoの3種類から選ぶことができ、現在主流のnanoSIMから、特に古い端末に多く採用されている「標準SIM」にも対応しているのがありがたい。

 

簡単手続き

PCからもスマートフォンからもweb上のエントリーにて簡単に手続することができる。
また、取り扱い店舗に置かれているリーフレットに記載されているQRコードからも簡単にアクセスができる。clipboard08