ガラケーの時代からスマホの時代へと移り変わり、当初高額だったスマホも各キャリアでの値下げ競争もり、本体価格は随分と安くなったように思います。
ですが、通話料・データ通信料を含めた月々の使用料金については、携帯電話に比べるとやはり高額になってきます。
そこで最近注目を集めているのが、主力キャリア以外の事業者が販売している格安SIMです。
月々の料金はかなり安くなってお得感がありますが、実際に使った場合にはどのようなものなのでしょうか。
実際の利用者からの声をまとめてみました。

・格安SIMを使って良かった点

zwischenablage40「iPhone6を使用している30代の男性 auから楽天モバイルの格安SIMに切り替え」

スマホを2台持っているので、1台はデータ通信専用での使用にと考え、SIMフリーのiPhone用として楽天モバイルの格安SIMを選びました。

理由は月額料金が他社よりもかなり安かった事、キャッシュバックキャンペーン実施中だった事です。
通信速度などに問題があれば、使用を辞めたら良いかと気楽な感じで利用してみたのですが、特に通信速度が不安定になるような事もなく満足しています。

Wi-Fiでの使用がメインですが、そちらでも特に問題は発生していません。

通話のできないプランなので、1台しか持っていない方にはオススメできませんが、2台目・データ通信専用に考えている方には格安な料金なのでオススメします。

「iPhoneを使用していた30代の男性 Softbankからlljmioへ切り替え(スマホも同時に変更)」

SoftBankでずっとiPhoneを使用していましたが、毎月10000円前後の料金がかかっていたので、料金を安くしたいと思い、色々調べた結果lljmioで契約しました。

スマホ機種はzenfone5という馴染みのない機種でしたが、月々の料金は約3分の1の3000円前後にまで下がりました。

格安SIMを利用するにあたり、電波状態・通話品質が不安材料でしたが、使い始めてみるとこれまでのSoftbankと比べても遜色なく、気になるような問題はありませんでした。

メールに関しては通常のキャリアメールは使用できませんが、最近はLINEを使用する事が多いのでメールが使えなくても不便さは感じません。

欠点を指摘される事が多い格安SIMですが、私は特に不満なく使えています。

月々の料金を安くしたいとお考えでしたら、乗り替えをオススメします。

「ギャラクシーを使用していた20代女性 auから楽天モバイルへ切り替え(スマホも同時に変更)」

携帯からスマホに切り替えてからは、毎月の料金が10000円を超えるようになってしまい、少しでも安くしたいと思い、友人から教えてもらった楽天モバイルの格安スマホ(SIM)に乗り替えをしました。

ギャラクシーを使っていたので、同じアンドロイド機種のzenfoneだった事も選ぶきっかけになりました。

使ってみての感想をひとことで言うと、もっと早めに変更しておけば良かったです。

ネットで申し込んで、本体が届いた時には設定も面倒なのかと不安になりましたが、意外と簡単に設定・使用ができました。

また、電波状態や通話品質の低下も懸念していましたが、特に気になる事はなく大量にデータ通信をするのでなければ、格安SIMで十分に対応ができます。


・格安SIMを使って悪かった点

zwischenablage43「iPhoneを使用していた40代男性 auから楽天モバイルへ切り替え」

メインのスマホとは別に、2台目として使っていたiPhoneをデータ通信専用で使おうと思い、楽天モバイルの格安SIMに変更しました。

申し込んでからSIMが届くまでに思いの他時間がかかり、使えない状態が数日間になったのは不満に感じました。

また、データ通信料無制限にしているにも関わらず、週末の昼間などでは通信速度が極端に遅くなる事もあり、そんな時にはストレスを感じてしまいます。

結局遅いのでメインスマホで通信したらすぐ繋がるなどで、メリットをあまり感じない事もあります。

また、キャリアメールが全く使えないのも少し不満なところで、もう一点気になるのが通常のキャリアのような故障やデータ破損時の補償サービスが受けられない点です。

安く使えると思い契約しましたが、早くも元に戻そうと考えています。

「アンドロイドを使用していた30代女性 docomoからlljmioへ切り替え」

毎月の携帯代金が10000円以上と高額になってきたので、最近ネットで人気になっている格安SIMに乗り替えをしてみました。

データ通信3Gに通話付というプランで使っていますが、正直乗り替えをした事に後悔しています。

深夜にデータ通信する時には特に問題はないのですが、日中の多くの人が使う時間帯になると通信速度が極端に遅くなる事もあり、凄くイライラしてしまいます。

通話に関しては特に問題はないようですが、通話時間が長い・回数が多いと大手キャリアとほとんど変わらない場合もあるようで、電話を多くする人には適さない気がしています。

暫くはこのまま使いますが、1年くらいで変更を考えています。


このように、格安SIMに切り替えて凄く良かったと感じている人もいれば、格安SIMに切り替えて不満を感じている人もおり、単純に良し悪しは判断できません。
全体に言えるのは、通信速度は利用環境により問題がある場合とない場合がある、データ通信専用で使う場合はメリットが多いが、通話付きの場合デメリットが多くなるという事です。
格安SIMについて情報を多く収集し、自分に適しているかの判断をしてから乗り替えを検討しましょう。”